選考員

写真評論家

飯沢耕太郎

先の見えない時代状況だが、いい作品をいい形で出していくことが評価につながるという原則に変わりはない。

写真集としてまとめていかない限り、インターネットやSNSでは、埋もれて拡散していくだけということもよくわかってきた。

何よりも意欲と冒険心あふれる作品を期待している。

PROFILE

写真評論家。きのこ文学研究家。1954年、宮城県生まれ。1977年、日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。主な著書に『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書1996)、『デジグラフィ』(中央公論新社 2004)、『きのこ文学大全』(平凡社新書 2008)、『写真的思考』(河出ブックス 2009)、『キーワードで読む現代日本写真』(フィルムアート社 2017)、『きのこ文学ワンダーランド』(DU BOOKS 2013)などがある。

造本家

町口 覚

一昔前、ある写真家がぼくに、写真で物語なんかできっこない。

写真はやっぱり写真でしかない。と、言った。

その言葉は、いまでもぼくの身体に染みついている。

写真はやっぱり写真でしかない。

と言える写真家と出会い、その写真に出合えることを期待しています。

PROFILE

1971年東京都生まれ。デザイン事務所「マッチアンドカンパニー」主宰。日本を代表する写真家たちの写真集の造本設計、映画・演劇・展覧会のグラフィックデザイン、文芸作品の装幀など幅広く手掛ける。2005年、自ら写真集を出版・流通させることに挑戦するため、写真集レーベル「M」を立ち上げると同時に、写真集販売会社「bookshop M」を設立。2008年から世界最大級の写真フェア「PARIS PHOTO」に出展、世界を視野に日本の写真集の可能性を追求し続けている。造本装幀コンクール経済産業大臣賞、東京TDC賞など国内外の受賞多数。来春劇場公開されるドキュメンタリー映画「過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道」に出演している。

渡邊美術印刷株式会社

代表取締役

渡邊 薫

​ご挨拶はこちら

PROFILE

1955年 北海道札幌市生まれ。昭和女子大学大学院日本文学研究科修了。

1994年 父の後を継いで社長になる。

事務局

写真編集者

池谷修一

PROFILE

横浜市生まれ。武蔵大学人文学部卒業、Bゼミ・スクール参加。展覧会制作の仕事を経て編集者に。写真集編集や展覧会の企画、構成を行う。2011年〜2020年、「アサヒカメラ」編集部在籍。主な作品に『WOMEN』(ソール・ライター)、『terra』(GOTO AKI)、『90Nights』(藤代冥砂)、『良い写真とは? 撮る人がこころに刻む108のことば』 (ハービー・山口)、『On The Corner』(ハービー・山口、中藤毅彦、大西みつぐ)、『少女礼讃』(青山裕企)、『七菜乃と湖』(笠井爾示)、『HALF MOON』(半沢克夫)など。近年手掛けた展示に、「KIPUKA: Island in My Mind」(岩根愛)、「少年伝説」(大西みつぐ)、「遠い光 - Lost Asia -」(小林紀晴)、「繋がってください」(佐藤麻優子)、「地元景」(石川竜一)、「CUT OFF」(田口るり子)など。

ふげん社ディレクター

関根 史

PROFILE

2015年早稲田大学教育学部複合文化学科、神尾+福田合同ゼミを卒業。

2014年11月からふげん社ディレクター。

ふげん社写真賞事務局

東京都目黒区下目黒5-3-12 コミュニケーションギャラリーふげん社内

Email: fugensha.award@gmail.com

Tel: 03-6264-3665

Shimomeguro 5-3-12 ,Megoro-ku, Tokyo 153-0064, Japan

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

© 2023 サイト名 Wix.comを使って作成されました