選考員

iizawaphoto2.jpg

写真評論家

飯沢耕太郎

前回の公募の反響は予想を超えたものだった。
今回もさらに素晴らしい作品が寄せられることを期待したい。
小さくまとまったものよりも、

破天荒な意欲作、冒険作を見てみたいと思う。

PROFILE

写真評論家。きのこ文学研究家。1954年、宮城県生まれ。1977年、日本大学芸術学部写真学科卒業。1984年、筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。主な著書に『写真美術館へようこそ』(講談社現代新書1996)、『デジグラフィ』(中央公論新社 2004)、『きのこ文学大全』(平凡社新書 2008)、『写真的思考』(河出ブックス 2009)、『キーワードで読む現代日本写真』(フィルムアート社 2017)、『きのこ文学ワンダーランド』(DU BOOKS 2013)などがある。

match_profile_photo2.jpg

造本家

町口 覚

すべての応募者の写真と真摯に向き合う。
最終ノミネートされた方々と向かい合って話し合う。
グランプリに選ばれた方と写真集の造本をどうすればいいか思い悩む。
そして、その写真集を世に送り出し、自らを問い前に進む。
第二回目、だからといって怠けるつもりはありません。
写真集を世に送り出し、自らを問い前に進むことを強く望む、
写真家と出会えることを期待しています。

PROFILE

1971年東京都生まれ。デザイン事務所「マッチアンドカンパニー」主宰。日本を代表する写真家たちの写真集の造本設計、映画・演劇・展覧会のグラフィックデザイン、文芸作品の装幀など幅広く手掛ける。2005年、自ら写真集を出版・流通させることに挑戦するため、写真集レーベル「M」を立ち上げると同時に、写真集販売会社「bookshop M」を設立。2008年から世界最大級の写真フェア「PARIS PHOTO」に出展、世界を視野に日本の写真集の可能性を追求し続けている。造本装幀コンクール経済産業大臣賞、東京TDC賞など国内外の受賞多数。

iOS%20%E3%81%AE%E7%94%BB%E5%83%8F_edited

渡辺美術印刷株式会社
代表取締役

渡辺 薫

戦争も飢餓も、そして疫病でさえ

私たちは克服してはいないことが明らかになった2022年の春、

第二回ふげん社写真賞の募集が始まります。

宮沢賢治の詩の如く、

「はぎしり燃えてゆききする」ひとりの修羅として

皆様の作品と対峙したいと思います。

PROFILE

1955年、北海道札幌市生まれ。

1978年、昭和女子大学日本文学科卒業。同大学に勤務(〜1983)の傍ら、同大学大学院日本文学研究科修了(1981)。

1983年、渡辺美術印刷株式会社(本社さいたま市桜区)入社。

1994年、同社代表取締役に就任。

2014年11月、築地にギャラリー、書店、美術出版の機能を持つ、コミュニケーションギャラリーふげん社を設立。

2020年2月、下目黒に移転。同年、渡辺美術印刷創業70周年記念事業として、ふげん社写真賞を創設。

同記念事業として、2022年1月、雑誌「写真(Sha Shin)」を創刊。